消化酵素配合で健康に役立つドッグフード

野生動物は生の食物しか食べませんよね。生の食物には酵素が含まれていて、消化を助けてくれます、加熱した食物は酵素の活性が失われていて、酵素を摂取することができません。加熱したものばかり食べていると、体内の酵素が大量に使われてしまいます。酵素は生物が生きていくのに必要な物質で、不足すると体調不良を招きやすいです。
犬も酵素が必要です。肥満、糖尿病など犬の病気が増えたのは、食べ過ぎだけでなく酵素の不足が原因ではないかといわれています。酵素を与えれば消化がスムーズになって酵素不足を防ぐことができ、健康な状態を長く保てます。
酵素配合のドッグフードがアガリクスイミューンサポートです。タンパク質、脂肪、炭水化物を分解する酵素を配合しています。製品を製造する段階で酵素を加えると熱で酵素の活性が失われる可能性があります。アガリクスイミューンサポートは、加工後に酵素を加えているので、熱によって活性が失われていません。
アガリクスは健康食品として販売されている植物で、ドッグフードに添加しました。免疫力向上に役立つβグルカンを豊富に含み、お腹の調子をサポートする働きがあります。
犬にはタンパク質が多く必要です。アミノ酸バランスが違う鶏肉・七面鳥・魚を配合しています。
小麦はアレルギーを起こしやすい成分です。アレルギーを起こさないように、小麦は不使用、玄米やじゃがいもの炭水化物を使用しています。消化によくビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

お腹の弱いわんちゃんのドックフード

主人からのOKがでて長年の間夢見ていた犬を飼う事ができるようになりました。
子供の頃に雑種犬を屋外で飼っていたことがありますが、室内犬は初めてなのでワクワクでした。
色々と考えて選んだ犬はミニュチュアダックスフンドの雄犬でした。

とても人懐っこくてかわいいのですが、どうもお腹が弱いのが弱点です。
夜中に室内でトイレをしてしまう事が続きました。
ちなみにその時は乾燥タイプのドックフードと缶詰タイプのドックフードを混ぜてあげていました。
犬に詳しい友人からのアドバイスでしばらくはドックフードをやめておかゆなどを与えてみました。

するとその時はお腹の調子はよくなりました。
でもおかゆだけでは栄養のバランスが悪いのでやはりドックフードをあげようと色々と試してみました。
結果としてはうちのわんちゃんは乾燥タイプを食べるとどうもお腹がゆるくなると言うことが判明しました。
ですから今は缶詰タイプのドックフードだけにしています。
犬によってお腹の調子もいろいろなので、その犬に合うドックフードを見つけるように努力することが大切みたいです。

PR→無添加ドッグフード

犬の健康によいドッグフードの選び方

食事は体を作るものです。食べ物が健康を左右します。愛犬を健康に長生きさせるためには、どんなドッグフードを与えるかが重要です。

どんなドッグフードが犬の健康によいのでしょうか。
ドッグフードにはホームセンターなどで売っている安いものから、プレミアムフードと呼ばれる高いものなどがあります。値段の違いは使っている原料にあります。
安いドッグフードは、肉副産物として内臓を使用していたり、食べられない骨や鶏の羽などが混入していることがあります。添加物も多く使用されていて健康への影響が心配されます。

粗悪な原料や添加物はアレルギーの原因になることもあります。
ドライフードとウエットタイプだったら、ドライフードがおすすめです。

ウエットタイプは水分が多く腐りやすいので、添加物を大量に使用している可能性があります。
健康のことを考えるなら添加物不使用が望ましいです。

パッケージの裏を見てよくわからない名前が記載されていたら添加物かもしれません。現在量をよく読むクセをつけましょう。

ドッグフード選びに悩んだらヒューマングレードがおすすめ

かわいい愛犬も家族の一員、大切に育てたいと思う方も多いと思います。ここで一番気になってくるのが食事ではないでしょうか。最近では飼い主との共同生活により、ワンちゃんの食事内容も人間に近い食事を与える方も少なくないと思います。又、栄養満点手頃に手に入れるドックフードの存在も大きく影響しています。
しかしドックフードは何でも良いという訳ではありません。ドックフードには固形タイプや半生タイプ、缶詰など種類豊富、多種多様無数のドックフードが存在しています。それに、一見同じように見えても製造者事に配合している成分や使用している原料も全く異なります。
又、ドックフードにはお値段が安い物から高いでものまで幅広く存在します。違いはメインとなる原材料の違いです。安い物では、小麦粉やトウモロコシといった穀物類を主原料としているのですが、消化が悪いからおすすめできません。やはり中心となる原材料は動物性たんぱく質のものをなるべく選ぶ事をお勧めします。
そして最近では、合成着色料や合成保存料は一切使用せず、保存料等、全て天然由来のものを使用した無添加フードが人気を集めています。人間同様、余計な化合物は極力避けたいという思いが強いです。ちなみに、ドッグフードにはいろんなグレードがあるのですが、人間の食品と同基準の原材料を使用したヒューマングレードが特におすすめです。

犬の年齢にあったドッグフードの選び方

犬の年齢に合わせてドッグフードを選びます。
幼年期は成長が活発です。犬の成長に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラルなどを配合したドッグフードを与えます。この時期にお菓子ばかり与えるとエサをあまり食べなくなるので、甘やかしてお菓子ばかりあげるのは避けましょう。
青年期は肥満に気をつけます。

運動量に見合ったカロリーを与えます。大型犬は運動量が多く、小型犬は運動量が少ないです。

肥満傾向があるようなら低カロリーなドッグフードを与えましょう。
老齢期になると食が落ちてきます。

食べやすいウエットタイプがよいでしょう。

ウエットタイプは食べやすいだけでなく、臭いが食欲をそそってくれます。

食べる量が減ると摂取できる栄養も減ってしまうので、栄養バランスには気をつけます。
病気があるようなら、獣医の指示に従って療法食を与えます。

療法食を与えることで病気の進行が遅れたり完治します。

健康な犬が食べると疾患にかかることがあるので、獣医の指示に従って与える必要があります。